無題

ミュージシャン 三上寛さんの書と