野田版画工房

降り積もり降り積もり

2017/02/09

久しぶりの野田の日々

今年の雪はすごい…降っては積もり雪をかき、振り向けばまた積もっているの繰り返しでした。地元のおばあちゃん達も生まれてこのかた、こんなのははじめてやで!だそうです。

大人はもう勘弁して…ですがこどもたちはおおはしゃぎです。

ゆき2

 

かまくら

お父さんが作ったかまくら。昼に焼いたビスケットで日暮れにお茶。この素敵なキャンドルは、先にあげた日記の日尾庭園の奥様のてがけている灯屋わらべのものです。寒い白い日に、こうやってあたためてくれる。娘はじーっと見つめていました。「もうこんな大雪の日は時間をわすれてただいることを楽しもう。」と灯が言いました。

 

雪

家にこもりっきりの数日で、食料が無くなっていく。梅干しと味噌、沢庵と切り干し大根、と保存食のありがたさを感じずにはいられませんでした。家では、娘とごはんやお菓子作りをしていたので、すっかり料理がいたにつきました。

「卵焼きの味付けは、インドのスパイス、いれてみよっか!ターメリックと。」かなり濃い色のができましたが、おいしかったよ!白い雪と黄金の卵の日。

 

つらら文様と粉雪文様、作ろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2019 野田版画工房 日記 . All Rights Reserved.